職員の声バックナンバー ・2015年若手職員の声


2015年に2年目になる若手4人による座談会を行いました。職員の生の声を就職活動中の皆さんにお届けしたいと思います。

Q.ここを受けようと思ったきっかけあるいはここに決めた理由について

(K)私は、5年老健で働いていて、20代のうちに1回は職場を変えて違う経験をし
  たいという思いがあったので。老健での経験はそれはそれでいい経験だったけ
  ど、『看取り』という『死』に立ち会うことで自分の人生観も変わるだろうし
  介護を続けていきたいならそういうところを見ておかないとダメかなと思い、
  5年と決めて(前の職場を)辞めました。それで、鶴岡市内を色々見たんだけど
  納得できないところには入りたくないしというのもあって、まず最初にここに
  電話をかけて見学に来ました。
   ここに決めたのは、研修制度や上から下への指導がちゃんとしていて、「見て
  覚えてね。」というのではなくて、ここでは、指導者が「この人にこういう対応
  をしているのはこういう理由だよ。」ときちんと教えてくれるところ。
   そして、私の方からも質問しやすくて、指導者だけでなく他の従業員も同じよ
  うに教えてくれるのはありがたかった。特に歳の近い20代、30代の人たちが
  しっかり教えてくれる環境ってすばらしいなと。私の場合、1からまた新しいこ
  とを覚えたかったので、今までの経験も活かしつつここでまた新しいことを自分
  の経験にしたかった。
   実際『看取り』に立ち会って、辛いなとか、自分がもっとできればよかったな
  ということが1年経って見つかってきたし、ここに入って良かったなと思うとこ
  ろはあります。
   同期もこれだけいて、年代も違って、大卒、高卒、価値観もまた違うし、今ま
  で慣れてきたことを正してくれる仲間がいるのでいい刺激になっています。  

(S)私は、大学卒業したら地元で就職したいという気持ちがあって、こっちで就
zadannkai 2
  職活動をはじめながら色々なところに見学もいったんですけど、ここに見
  来た時、副園長と局長が一番最初に対応してくださって、一言でいうと、
  お二人の人柄の印象が強くて、そこで研修体系のことも説明して下さっ
  て、ここでずっと学んでいけるんだと、資格を取る体制もしっかりしてい
  るんだと、常に
学んでいけるんだというのがいいなと思って、5年経った
  らケアマネとかの資
格も考えているので研修体制の面は大きかったです。
   施設内を回ったときも雰囲気が良かったし、若い方々もたくさん活躍し
  てい
るんだなと思いました。それから、我が家はずっと池田内科にお世話になって
  いて、信頼している先生が理事長で嘱託医であり、医療との結び付きがしっかりし
  ているところがもう一つの魅力でした。


(進行)福祉にも色々あるけど、最初から高齢者を考えてた?
(S)ずっと高校の時から勉強していて…。同級生の中には他の福祉関係に変更する人
  もいましたけど、自分の場合は祖父の具合が悪くなってから、何とかし
たいという
  気持ちでもあるんですかね、祖父母と同居していろんなことを教え
てもらったとい
  う経験があるから。

(K)大きいよね。じいちゃん、ばあちゃんと一緒に住んでいたのは。

(S)うん。たぶんじいちゃん、ばあちゃんが好きなんだと思います。

(M)私は皆さんとは違って、全然関係ない種類のものを学んできたので、新潟のイ
  ストの専門学校に2年間行ったんですが、結構そういう業種の仕事というの
はこっ
  ち(鶴岡)になくて、都会に行かないといけなくて、自分が2年間新潟に
行ってい
  た間に実家に一緒に住んでいた祖母の体調が日に日に悪化していっ
て、見る影もな
  いくらい寝たきり状態になってしまったんですよ。帰ってきて
ほしいという家族の
  要望と自分はもともとイラスト関係、印刷関係に就きたかったので、夢と現実のは
  ざまで2年間すごい悩んでいて、最後の方に結局色々
何十社かの会社訪問に行った
  んですけど決まらなくて追い込まれていて、才
能の世界なので、何もそんなにうま
  くもないし、ただ好きなだけなので、やっ
ぱ現実知らなきゃだめなのかなというの
  もありつつ、結構それで悩んでいたん
ですけど、やっぱり祖母が心配だったし、実
  家にいて一緒に傍にいてその中
で仕事していったほうがいいのかなって…。 
   結構悩んだんですけど、結果、その答えにたどり着いて、こっちに帰ってきたん
  ですけど、こういう仕事全然知らなくて、「どうすればいいんだろう。」
みたいな。
  結果的には親の知り合いにここを紹介してもらって。入ってみたら
ぜんぜん知らな
  い「えっ、えっ。」みたいな。見たこともない世界、未知の世
界って感じで。結構
  イラスト描いていると、みんな個々の勝負なんですよね。

   別にコミュニケーションなんて必要なかったんですけど、ここは連携というもの
  が大切になってくるじゃないですか。すっごい苦手で。自分の作品に向
かっていれ
  ばよかったので、それで苦手だったんですよね、しゃべることが。

   しかも新人の人が、「えっ、私入れて5人もいるよ。」みたいな感じで。どうし
  ようってなって。それに、ご利用者と話していて楽しいことだけじゃなく
て、何て
  いうんですか、その…排泄の面も見なくちゃいけないので。親にも
「お前そういう
  の大丈夫なのか。」と心配されて。それでちょっと知っとこうか
なという気持ちで
  新潟で就職応援サイトみたいのに入って、何週間か
体験で新潟のデイサービスに研
  修に行ったんですよ。全然最初しゃべれなく
て、テーブル拭いている時だけが、「
  あっ、仕事もらえてる。」みたいな。

(一同)バイトか。(笑)

(M)「ご利用者としゃべっていてね。」と言われることがすっごく嫌で「それよ
zadanjkai0
  りテーブル拭かせて」みたいな感じだったんですけど。

(一同)でも、うん、わかる。(笑)

(S)コミュニケーションって言われると、「アッ…どうしよう」って感じで

(H)ちょっと座ってしゃべって。」と言われるのが一番困る。

(M)そこでのレクレーションの時間は一緒にはしゃいでみたいな。「今日もしり文字
  するよ~」みたいな感じで。新人さんにもやってもらいましょうって振られて
  「はぁー。」って感じで…。何回も「やだなぁ。」と思ったんですけど、それが何週間
  か続いて、最後の方は普通にしゃべれるようになったんですよ。それで、研修先のデイ
  の園長にも「良くなったね。」って言ってもらえて。でも、そこはデイでしかも入浴
  介助とか関わっていないじゃないですか、果たして大丈夫なんだろうかと思ったんです
  けど、特に自分的には気にならなかったし、嫌でもなく、苦痛でもなくて、「あっ、
  自分って意外と大丈夫かも。」というか、やってみなきゃわからなかったのかなぁと。

(進行よく、経験のないところから頑張ったよね。

(K)うちら、大丈夫かな。辞めないかな。って。

(M)そんな話してたの?(笑)

(K)最初うちらともこう(手で壁をつくる真似)だったけど、今じゃね、話かけてく
  れるのが嬉しくってねー。 

(H)ここにしたのは、高校に求人票が届いていて、色々見て、手当とか見て、家から
  通えるところがよかったので、本当は介護だけじゃなかったんですよ、ピックアッ
  プしてたのは。これも気になる。あれも気になるって感じで。高校で勉強してたの
  は介護のことだったけど、それ以外でもコンビニでバイトしてたから、スーパーと
  かも見てたんですけど、色々見て、家族とも相談して。それで、叔母がいるんです
  けど、叔母がここでヘルパー研修を受けていて、叔母が、「ここにしなさい。」と。
  「えっ、どうして。」って聞くと、「もう、みんな揃っているから。全部勉強にな
  るから、ここにしなさい。」と言われてここにしました。それで、高校時代就職活
  動で見学したのはここだけです。

(進行)じゃ、ここにしようと思ってそれからヘルパー2級取ったの?

(H)そうです。「取ってる最中です。」と言って。副園長に案内してもらいました。

(K)じゃぁ「学べるから。」ということで納得したわけでしょ。

(H)そう。ここに訪問してみて、副園長から「若い人もいるんだよ。」と言われて、
  3階に行ってみて、職員が楽しそうだなと思って。本当に若い人が楽しそうに働い
  ているなぁと思って、「ここにしよう。」と思って、「ここがいいに決まってる。」
  「私にはここしかないんだ。」という気持ちでした。 

Q.2年目を迎えて、入ったころと比べてどうですか。

(K)引き継ぎとかで、自分が思ってることをしゃべるようになると、それを返す人が
  ちゃんと意見を言ってくれて、じゃあそれを直すためにどうしていこうこうしてい
  こうかというような意見が出て、その時に話がちゃんと決まって、「じゃぁ、こう
  していこうね。担当に言おうね。」と、その場で決まるので、最初の頃は確かに新
  人でわからないうちに口は出せないというか、思ってても言えない。でも、自分が
  担当するご利用者にこうしていきたいなと思って、引き継ぎの時に「こうやってい
  きたい。どう思いますか。」と話すと先輩の意見が出て、「○○は○○だからね。」
  と言われて「あぁ、そこのところは考えていなかった。」というように自分の考え
  を直せるようなアドバイスをいただける。幅を広げて考えられるように。

(H)より、良いものを提供できてるよね。たぶん。

(進行)「そんなのだめだよ。」とか最初から意見を否定されたりとか、新人なのに何
   言っているのというようなことはない?

(H)無いですよね。

(一同)うん。

(K)ただ、最初に「どうすればいいですかね。」とボンと問題を置くんじゃなくて、
  「私はこう思っているんですけど、他の方の意見はどうですか。」という聞き方を
  しないと。聞き方一つでも違ってくる感じ。受け止め方も受け止められ方も違うだ
  ろうし。何でも聞きやすい環境であるよね。

(H)そうだよね。

(S)私は最初は(意見が)言えなかったですけど…。会議とか重ねていったり、引き
  継ぎとかやっていくうちにだんだん言えるようになってきたと思います。

(K)上の人が「それは違うよ。」って教えてくれたり、正してくれる人がいるからね。

(進行)その指摘に納得してる?

(S)納得できない時は、自分はこうしたいという意見を再び言って、それについての
  意見をもらったり…。

(H)「こういう考えもありません?」みたいな。情報提供を兼ねて言ってしまうかも
  しれない。

(K)みんなが納得できないと。自分1人でやるわけではないので。

Q・仕事を通して感じたこと、印象に残ることを教えてください

(H)最初は、高卒の私が医療的ケアが必要な方が多い2Fは無理と思っていましたが
  副園長から背中押してもらって、指導者からも丁寧に教えてもらって、
だんだんわ
  かるようになり…。同期がいるのが一番大きい。分からないことは
お互い聞きあえ
  たし、20代の若い人もいるおかげで質問しやすい環境が整っ
ていたので、ありが
  たい、だから頑張ってこれた。周りの職員に本当に助けら
れていると思う。
   最初の頃、私のミスのために、家族への謝罪の電話をしているリーダーが電話越
  しに「すみません。」と頭を下げている姿をみて、本当に苦しくて。
そのあと園長
  にも励ましの言葉をいただいて。その時の迷惑は仕事で返し
ていこうと思います。
   今後の目標としては、介護福祉士の資格を取ることで
す。

(M)最初入った時は、当たり前ですが、人が一杯いるじゃないですか。本当は最初は
  新人は自分だけだといいなと思ってたんですよ。比べられたくないなとい
う気持ち
  があって。そしたら見事に5人でした。

(K)すいませんね。うちらで。(笑)

(M)「いっぱいだ。どうしようって。」最初研修が3階だったんですよ「わー、ここ人
  がすごい。」って思って。

(一同)そりぁ、そういう世界だよ。(笑)

(M)わかるんですけど。2階に比べて人が多いじゃないですか。私3階絶対無理だと思
  っていたらまぁ3階でしたよね。(笑)やっぱり、なるべくしてなった
のかなと思っ
  て、なんか、自分に足りないもの、欠けてるものを埋めるため
に、なるべくして3階
  になったのかなと。「ここに来て人と接しろよ」的な、「
挑戦しろよ」的なことを言
  われているような気がして。新人5人というのも最
初は本当に「うぅ」と思ってたん
  ですけど、今思えば5人でよかったんだな
と、今すごい思います。
   一人だったら、最初の頃は「怒られてっていうんじゃないんですけど、指摘がすご
  かったんですよね。ちょっと恐いなって。実際明日もヘマっていうか、
覚えてなかっ
  たら「あなた覚えてないわね。」ってなりそうで、それが恐いと
いうか、それを1人
  で抱えているのもあれだし、家族に言っても状況わかって
ないからわからないと思う
  んですよ。だから間近で見てて近くにいて一緒にス
タートラインに立った人たちとい
  られたのはめぐり合わせだったのかなと。
   新人5人というのは心強いと思います。全部がうまいこと繋がってできたのかなと
  思います。一人一人違う分、いいというか、違うからこそ違う意見が聞
けたし、本当
  なら合わないんだろうけど、それがきれいにうまく交じり合った
なと思います。すご
  い感謝です。

(S)一番最初入った時は、右も左もわからなくて、教えていただいてもついていけない
  ことの連続でした。指導者だけでなく、それ以外の方にもわからないこ
とは聞いて教
  えていただきました。最初は業務を覚えるので精一杯で、ご利用
者に対してもこうし
  たいということが全然できていなくてもどかしかったで
す。担当者会議に出ても「
  はー、わからない。」って感じで。
   会議で、「では介護からお願いします。」と言われたりして「あっ、はい。」って、
  説明は私からするんだと思って…。でも、それがやっぱり経験になっ
て。経験は大事
  なんだなと思って。一年経ってやっとちょっとだけ心に余裕が
出てきて、担当するご
  利用者の思いというか、心の面とか気持ちをくみ取れる
ようにちゃんと耳を傾けて早
  番業務終わりとかにゆっくり話してから行こうか
なとか、そういう時間を作るように
  心掛けるようになったかな。
   もう、最初の頃は、着替えだったら着替え、入浴だったら入浴って感じだったった
  んですけど、その間にも会話できるようになったし、そこで交わした何
気ない会話の
  中で得た情報が結構重要なこともあったので、そういう点を気づ
けるようになったの
  もそういう時間を作れるようになったのは、気持ちの面で
落ち着いてきたのかなと思
  います。

(K)私はですね。このタイミングで入ったらどうせ下の子と一緒だろうなという思いで
  入りつつ、これでも小心ものなので、友達がいないと無理なので、最初
に仲いい人を
  作ろうという気持ち満載で無理して話かけて…。同期が5人いて
1人はデイに行った
  けど、この4人は2階、3階にそれぞれ2人ずつ配属され
て。私にとって(H)がプ
  レッシャーにることもあるし、(H)から見て私が
プレッシャーだろうし。例えば、
  一緒に入ってきたのに、経験年数が違うからできないことがあっても当たり前と言っ
  ても彼女にとってはプレッシャーだろ
うし、私にとっても彼女から5年もしてきたの
  に「なんて人だこの人は。」と
思われるだろうし。こっちは介護福祉士持ってるけど
  臨時だし、かたや正職で
委員会とかバリバリやってるし、できるとこ、できないとこ
  あって当たり前だ
けど、それがなんだかもどがしい。早く追いつきたいというのもあ
  るし、いい
刺激もあってこの二人でわからないところを教えてくれる。だめだという
  とこ
ろを教えてくれる、いい関係性だと思います。
   いずれまた10代の若い子が入ってきたら、教える立場になると思うけど、実習で
  くる高校生たちもいるけど、それこそひしひしと伝わる「テーブル拭か
せてください。」
  みたいな(笑)感じ。コミュニケーション取ってください、
とか。振るほうも辛いと
  いう。できれば隣で3人でしゃべってあげたいって感
じ。多分、高校生には「質問し
  てくださいね。」と言っても何を質問していの
かわからないと思うから、向こうから
  話かけてもらうには自分からいかないと
いけないと思うし、それはご利用者にも言え
  ることで、あの人には話かけてる
のに、自分には話しかけてくれないというような隔
  たりを作らないようにして
自分から関わることを辞めないようにしたい。
   去年の高校生の日誌に「丁寧に教えてくれた」と書いてあるのを見てうれしかった
  し、年下の子たちからの刺激があります。だんだん自分の口が悪くなっ
てきて…。
   丁寧な仕事を見ていると「ああいう風でないと。」と反省したり、
上の人たちの言
  葉かけを見ると「ああ、そういう言葉のかけ方、アプローチの
仕方があるんだ。話題
  の持っていき方すごいなと思ったり。

(H)うん、先輩たちの引き出しすごいね。

(一同) (うなずく。)

(K)先輩のやり方をそのまま自分でもらうのもありだけど、そこに自分のやり方
  アレンジしてやったりとかしてそれが刺激になって自分の中で生まれてくる
ものが
  あって、いろんなものが増えてきている感じ。

Q.就職活動をしている人たちに一言メッセージを

(K)(M)さんの場合もあるように、イラストやりたかった人が介護やってみたら
  「私意外といけるわ。」みたいな、いろんな可能性を「絶対無理。」というような
  そういう思いを抱いていても実際やってみて自分に合っていたというように思える

  のであれば、いろんなことを経験するのも。

(S)うん、決めつけない方がいい。選択肢を絞りすぎないのがいいのかもしれない。

(H)私は周りとの競争が激しくて、早く決めなければという雰囲気があって、早くに
  決めすぎて後悔している友達もいたので、焦らず自分がどうしたいのかを ちゃんと
  考えた方が入ってからも続くと思う。

(M)絶対自分には合わないと思っていたことが案外合ったりするし、自分は絶対将来
  こういう仕事にはつかないだろうなというのに、まさかなったりするし、
やっぱり
  こういう仕事も人とのつながりですけど、やっぱり人との繋がりって
断ち切ろうと
  思っても絶対繋がってくるじゃないですか。無縁だと思っても関
わっていかなけれ
  ばならないものだから、人とのつながりって必要じゃないと
思っていても大事で、
  つながりって不思議だなって。 入った時期がちょっと
でもズレてたら一緒になら
  なかったわけだし、ここに入らなければ担当のご利
用者とも会うことがなかったわ
  けだし、恐いと思ってた先輩が実は面白い人
だったり、思いもしなかったところに
  意外と自分の可能性というものが秘めら
れているというか隠されていると思います。
 zadankai 3  最後まで私たちの話をお読みいただいてありがとうございます。当日残念ながら参加できなかったもう1人の大切な同期Tのメッセージも是非読んでください。


当日参加できなかった(T)さんのメッセージ
Q.一幸会を選んだのは?
  見学の際、職員の方とご利用者がお話をされていて、その時のご利用者の表情がとても笑顔だったのが印象に残り、私自身もそのような笑顔を引き出せる職員になりたいと思い一幸会に決めました。それと、施設の雰囲気が落ち着いてとても良く感じました。

Q.2年目を迎えた今の気持ちは?
  1年目よりも仕事の量も増え大変ですが、ご利用者から名前を憶えていただいたり、「今日は楽しかった」と言っていただけることが私にとって嬉しいことです。そして、介護福祉士の資格を取得できるように頑張りたいです。