苦情相談


一幸会では、苦情解決責任者苦情受付担当者及び第三者委員を設置し、苦情解決に努めることとしています。

苦情解決責任者当法人の事業所所長が担当します。
苦情受付担当者各事業所長から命ぜられた従業員が担当いたします。
第三者委員当法人の監事や評議員、民生・児童委員、福祉有資格者、学識経験者など、第三者の立場に立つ方を理事会で選任します。

苦情の受付

苦情は、面接・電話・書面などにより、苦情受付担当者が随時受け付けます。また、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。*苦情受付担当者は各事業所の紹介ページでご案内しております。

苦情の報告・確認

苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を希望しない場合を除く) に報告します。第三者委員は、内容を確認し、苦情申出人に対して報告を受けた旨を通知します。

苦情解決のための話し合い

苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人または苦情解決責任者は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。

  1. 第三者委員による苦情内容の確認
  2. 第三者委員による解決案の調整・助言
  3. 話し合いの結果や改善事項等の記録と確認

福祉サービス運営適正化委員会の紹介

第三者委員の立会いにおいても解決が図られなかった場合は、市町村の窓口または 山形県福祉サービス運営適正化委員会(山形県社会福祉協議会内)の窓口を紹介します。